木野・鈴蘭

木野・鈴蘭地域は帯広市の北側に隣接し、国道241号沿いに大型商業施設や飲食店などが多数立地しており、買い物や飲食などの場として町外からも多くの人が訪れる利便性の高い地区を形成しています。また、宅地造成により市街地が拡大された地域でもあります。

国が実施する国道241号事故対策事業が始まり、無電柱化により、防災対策と景観向上が期待されます。

東に音更川、南に十勝川の河川緑地は広がり、桜の名所として知られる鈴蘭公園のほか、中心部には河岸段丘地形があるなど川や緑に恵まれています。

Column:すずらん大橋モニュメント

町の花「スズラン」や白鳥をイメージしたモニュメントが、来町者を迎えています。音更町開町100年を記念して、すずらん大橋の音更側橋詰め広場に平成12年(2000年)9月に設置されました。
タイトルは「飛翔」。未来に発展する願いが込められ、モニュメント内部に光ファイバーを埋め込み、夜になると赤・青・白と色を変えて夜空に輝きます。*すずらん大橋 十勝川にかかる全長722mの橋。十勝大橋と平原大橋の中間に位置している。