【町道民税】

税務課住民税係 ▶ 内線 572 FAX 42-2117

音更町に町道民税(個人)を納める人

その年の1月1日に音更町に住所があり、前年(1月~12月)中に所得があった人。道民税もあわせて納めていただき、その分は音更町から北海道に納めることになっています。

町道民税の内訳

町道民税は、音更町の税である町民税と、北海道の税である道民税からなっていますが、これらはそれぞれ「均等割」と「所得割」に分けられます。

▶均等割

一定額以上の所得のある人に均等に負担していただく税金です。税額は町民税3,000円、道民税1,000円です。
※平成26年度~平成35年度の10年間、各年度分の税額は町民税3,500円、道民税1,500円です。

▶所得割

個人の所得に応じて負担していただく税金です。基礎控除、配偶者控除、扶養控除などの各種控除を所得から差し引いた残りの金額(課税標準額)に税率をかけて計算します。税率は町民税(6%)と道民税(4%)を合わせて10%になります。

●課税標準×税率-調整控除額-税額控除-配当割額控除額・株式等譲渡所得割額控除額=所得割額

町道民税の非課税の範囲

▶均等割も所得割も課税されない人

(1)生活保護法によって生活扶助を受けている人
(2)障がい者、未成年者、寡婦(夫)で前年中の合計所得金額が125万円以下(給与所得者の年収で204万4千円未満)であった人

▶均等割が課税されない人

前年の合計所得金額が、次の算式で求めた金額以下の人
28万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族の数)+17万円(17万円は、控除対象配偶者または扶養親族がいるときに加算します)

※28万円と17万円の部分は市町村によって異なります。

扶養親族(配偶者含む) 0人 1人 2人
所得 28万円 73万円 101万円
給与収入の場合 93万円 138万円 168万円
65歳以上の人の
公的年金収入の場合
148万円 193万円 221万円

▶所得割が課税されない人

前年の総所得金額などが、次の算式で求めた金額以下の人
35万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族の数)+32万円(32万円は、控除対象配偶者または扶養親族がいるときに加算します)

扶養親族(配偶者含む) 0人 1人 2人
所得 35万円 102万円 137万円
給与収入の場合 100万円 170万円 221万円
65歳以上の人の
公的年金収入の場合
155万円 222万円 257万円