音更町議会

議会事務局 ▶ 内線 252 FAX 42-3575

議会の役割

選挙で選ばれた町民の代表である議員は、町の仕事の内容やお金の使い方を審議して決定し、それが適切に行われているかをチェックしています。町議会の役割は、町民の意思を町政に反映させることにあります。

議会の運営

本会議

全ての議員によって構成される会議のことを「本会議」といい、定例会や臨時会があります。定例会は、年4回(3月、6月、9月、12月)定期的に招集されます。臨時会は、必要があるときに特定の事件を審議するために招集されます。
本会議では、町長から出された議案などの審議や一般質問が行われます。議会の最終的な意思決定は全てここで行われます。

常任委員会

町の事務を合理的・効率的に調査するため、分野別に次の3つの常任委員会が条例により設置されています。議員は議長を除き、必ず1つの常任委員会に所属しなければなりません。

◆総務文教常任委員会~まちづくり、防災、税金、教育等に関すること
◆経済建設常任委員会~農業、観光、水道、土木、公営住宅等に関すること
◆民生常任委員会~戸籍、国保、環境、医療、保健等に関すること

特別委員会

特に必要がある場合に議会の議決により設置されるもので、本会議から付託された特定の事件について審査、調査を行います。
◆広報特別委員会~議会だよりの編集および発行
◆地方議会のあり方調査特別委員会〜地方議会における課題やその解決策、実態を調査検討します(平成30年第2回定例会で調査報告)。
◆予算審査特別委員会~予算を総合的、重点的に審査するために設置されるもので、一問一答方式の質疑により、議論を深めます。
構成委員:議長を除く全議員
開催期間:通常、3月定例会中(5日間程度)
◆決算審査特別委員会~前年度の決算を審査するために設置されるもので、予算が適正に執行されたか、どのような成果があったのかなどを審査します。
構成委員: 議長および議会選出の監査委員を除く全議員
開催期間:通常、9月定例会中(5日間程度)

議会運営委員会

議会の円滑な運営を図るために設置されており、会期、日程、議会の運営方針などについて協議します。また、音更町議会では、議会活性化の方策についても話し合われています。

請願・陳情の仕組み

憲法第16条で認められた権利として、住民が議会に対して自らの希望を述べる行為が「請願」です。
「陳情」も住民が議会に対し何らかの要望をするものですが、法令の定めはありません。請願には「紹介議員」が必要ですが、陳情は法的根拠をもたないので紹介議員は必要としません。音更町議会では、請願も陳情も委員会に付託の上審査しており、実質的には同じ扱いです。

傍聴しませんか

議会の会議は、本会議、委員会とも公開です。また、議員協議会も原則公開としています。
「百聞は一見に如かず」本町で今何が行政課題となっているか、議会の活動を通じて知っていただくために、ぜひ一度傍聴においでください。議場や会議室入口で住所、氏名、年代を記載していただければ、自由に中に入ることができます。
会議日程は、町のホームページ、新聞に掲載されますが、詳しくは議会事務局までお問い合せください。


▶町民との意見交換の場「議場でひとこと」