徘徊高齢者等SOSネットワークシステム

地域包括支援センター(高齢者福祉課)予防調整係▶ TEL 0155-32-4567/FAX 32-4576

 認知症の高齢者や障がいをお持ちの人の中には、自宅の場所や帰り道がわからなくなったり、自宅に帰れなくなる人もいます。「SOSネットワーク」は行方不明になる可能性のある人について、事前に届出をしておくことで、高齢者などが実際に行方不明になった場合に、地域の支援を得て早期に発見するための仕組みです。

音更町徘徊高齢者等SOSネットワークシステムの流れ

捜索に協力してくれる人・団体(事業者)を募集しています

徘徊などで行方不明になったときに、捜索に協力してくれる地域の協力者(個人)や団体を募集しています。情報を受けた協力者や協力団体は、通常の業務や生活の中で、行方不明者を気にかけたり、本人を見かけた場合には、警察に連絡します。
積極的な捜索活動をお願いするものではなく、できる範囲での協力、情報提供をお願いします。

ご協力いただける人(個人)へ

「おとふけ徘徊情報メール」の受信登録をお願いします。
携帯電話やパソコンのメールアドレスを登録してもらい、捜索依頼のメールを受け取ったときに、できる範囲で捜索のための情報提供にご協力をお願いします。

▶登録方法

s.otofuke-korei@raiden.ktaiwork.jpに空メールを送信すると、数分以内に登録用ホームページのURLが記載されたメールが届きますので、そこから登録用ホームページに接続し、登録手続きを行ってください。
バーコードリーダー機能付きの携帯電話であれば、下記のバーコードも利用できます。

登録は無料です。ただし、メールの送受信などにかかる通信料(パケット料金)は登録者の自己負担となります。
捜索依頼メールの配信のほか、認知症に関するイベントなどの町からのお知らせも配信します。

ご協力いただける団体(事業者)へ

「協力団体」として登録をお願いします。
▶登録方法
届出書に必要事項を記入し、音更町地域包括支援センターに提出してください。

介護しているご家族へ

事前登録システムを活用してください。
行方不明になる可能性のある人の名前や特徴、写真などの情報をあらかじめ登録しておくことで、早期発見に役立てる制度です。

▶対象

音更町内にお住まいの人で、徘徊するおそれのある高齢者や障がい者

▶登録方法

登録届出書に必要事項を記入し、申込窓口まで提出してください。早期発見のため、本人の特徴のわかる写真の添付をお願いします。

▶申込窓口
高齢者の場合 障がい者の場合
場所 音更町地域包括支援センター 役場福祉課障がい福祉係
住所 新通8丁目5番地 音更町元町2番地
電話 0155-32-4567 0155-42-2111
FAX 32-4576 42-5160

※担当のケアマネジャーや入所している施設の職員に代行して提出してもらうこともできます。