介護が必要になったら

地域包括支援センター(高齢者福祉課)▶ TEL 0155-32-4567/FAX 32-4576

 日常生活を自分で送るのが不自由であったり、不安があるなど、介護が必要と感じたら、はじめに音更町地域包括支援センターに相談してください。町の訪問調査員が、自宅(病院など)にお伺いし、本人の心身の状態を確認しながら、ご相談に応じます。

要介護(要支援)認定の基準

要介護度 本人の状態
要支援1 基本的な日常生活は、ほぼ自分で行うことができるが、要介護にならないため何らかの支援が必要な状態
要支援2 要支援1の状態より、日常生活を行う力が わずかに低下し、何らかの支援が必要な状態
要介護1 基本的な日常生活や身の回りの世話などに介助が必要
要介護2 食事や排せつ、入浴、洗顔、衣服の着脱などに ついて、一部介助または多くの介助が必要な状態
要介護3 食事や排せつ、入浴、洗顔、衣服の着脱などに ついて、多くの介助が必要な状態
要介護4 食事や排せつ、入浴、洗顔、衣服の着脱などに ついて、全面的な介助が必要な状態
要介護5 日常生活の全般にわたって全面的な介助が 必要な状態

要介護(要支援)に該当しない場合は、地域支援事業や音更町独自の高齢者保健・福祉サービスなどを利用できる場合があります。

地域包括支援センター

地域包括支援センター(高齢者福祉課)▶ TEL 0155-32-4567/FAX 32-4576

地域包括支援センターの役割

地域包括支援センターは、高齢者の皆さんが住み慣れた地域で安心した生活を続けられるよう支えていくための拠点として、設置された機関です。保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャー等が中心になって介護予防に関するマネジメントをはじめとする高齢者への総合的な支援を行います。