日頃からの備えについて
避難に関する知識を身につけよう

災害の危険が迫って避難が必要になった場合に、以下の3つの情報が発令されます。
各情報に応じた避難行動をとりましょう。

避難情報の種類とその行動

避難情報の名称 発令時の状況 住民に求める行動
避難準備・
高齢者等避難開始
避難勧告や避難指示(緊急)を発令することが予想される場合 ●避難に時間を要する人(高齢者、障がい者、乳幼児等)とその支援者は避難を開始しましょう
●その他の人は、避難の準備を整えましょう
避難勧告 災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高まった場合 ●速やかに避難所へ避難をしましょう
●外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、近くの安全な場所への避難や、自宅内のより安全な場所に避難しましょう
避難指示(緊急) 災害が発生するなど状況がさらに悪化し、人的被害の危険性が非常に高まった場合 ●まだ避難していない人は、緊急に避難所へ避難してください
●外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、近くの安全な場所への避難や、自宅内のより安全な場所に避難してください

避難するときは

避難行動は、災害から命を守るための行動です。町や防災関係機関からの避難に関する情報が無い場合でも、身の回りに危険を感じたときは、自らの判断で自主的に避難しましょう。避難所に移動することのみではなく、以下の全てが避難行動になります。

①避難所への移動
②安全な場所への移動(公園や親戚、友人の家でもかまいません)
③外が危険な場合には建物内の安全な場所に避難
④水害時、逃げ遅れた場合などには建物の2階や近隣の高い建物などへの移動(垂直避難)

避難の注意点

●避難する前にもう一度火元を確かめ、ガスの元栓を閉め、電気のブレーカーを切る
●外出中の家族には連絡やメモを残す
●特別な理由がある場合を除いて避難は原則徒歩で
●高齢者や子どもの手をしっかり握って誘導する
●できるだけ近所の人たちと集団で避難する
●避難するときは狭い道、塀ぎわ、川べりなどの危険箇所を避ける

水害時

●足元に注意
大雨の影響でマンホールのふたが外れる場合があります。マンホールや側溝は大変危険ですので足元に十分注意しましょう
●深さに注意
水の流れが速い場合は20cm程度の水位でも大変危険です

避難するときのルール

原則として、避難に車は使用しない。
みんなが車で避難すると、渋滞により救助・救命活動に支障がでます
高齢者や障がい者など歩行が困難な方を伴った避難などで、どうしても車を使わなければならない場合以外は歩いて避難しましょう

避難するときの服装

非常持出品・備蓄品の準備をしましょう

非常持出品・備蓄品の準備は防災対策の基本です。下記のリストを参考に、家族構成に合わせて準備しましょう。
また、準備した後も、定期的に食品の賞味期限や電化製品の故障がないか、電池は切れていないかなどを点検しましょう。

非常持出品 (避難する時に持ち出す最小限の必需品で、あまり重いと避難行動に支障が出ます。)

備蓄品 (災害復旧までの最低でも3日から1週間分を用意しておきましょう。)

使いながら備蓄する「ローリングストック法(循環備蓄)」

日常使う食材や非常用の食料品を、消費しながら備蓄していく方法。
また、古いものから先に使うように収納を工夫すると上手に循環できます。飲料水などは、家のスペースを活用し、備蓄していきましょう。