日頃からの備えについて
自主防災組織による地域防災

特に大きな災害が起こったときは、そこにいるみんなで助け合う「共助」が不可欠です。
地域の人たちで構成する自主防災組織に積極的に参加しましょう。

自主防災組織とは

自主防災組織とは、地域住民が連携し防災活動を行う組織のことをいいます。日ごろは、防災知識の普及啓発、防災訓練や地域の防災安全点検の実施、防災資器材の備蓄といった活動に取り組みます。そして、いざ災害が起こったときには、防災計画にしたがって避難所の開設・運営、住民の避難誘導、初期消火活動などに従事します。

自主防災組織の活動・役割

自主防災組織活動の支援制度について

自主防災組織の活動育成を図るため、防災資器材の整備や防災訓練等の実施に要する費用の一部を助成します。

2/3補助制度(飲食費・人件費を除く)

(補助率2/3以内で、限度額20万円)

  • 防災に関する広報紙、チラシ等の作成
  • 防災に関する研修会等の実施
  • 防災用資器材の整備
定額補助制度

(1年度につき1回使用できる制度)

  • 自主防災組織の設置・運営に対する支援
    • 50戸未満    1万円(2万円)
    • 50戸~99戸   1万5千円(3万円)
    • 100戸以上   2万円(4万円)

※申請年度中に新たに設立された自主防災組織は、カッコ書きの額とする。


  • 自主防災組織及び防災に関する問合せ/総務部情報・防災課防災係
  • 自主防災組織活動の支援制度に関する問合せ/企画財政部広報広聴課広聴係

要配慮者にやさしいまちに

突然の災害に見舞われたとき、大きな被害を受けやすいのは、高齢者や乳幼児、障がい者、傷病者、外国人などのなんらかの手助けが必要な人(要配慮者)です。要配慮者を守るために、地域で協力して支援していきましょう。

要配慮者とは

  • 高齢者
  • 介護を要する人
  • 障がい者(身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者など)
  • 難病患者、傷病者
  • 乳幼児・妊産婦
  • 外国人など

要配慮者を守りましょう!

「避難行動要支援者名簿」に登録しましょう

避難行動要支援者とは、要配慮者のうち、災害時に自ら避難することが困難で、特に支援を要する人たちです。音更町では「避難行動要支援者名簿」を作成しています。その情報は、消防機関、自主防災組織、民生児童委員などが共有し、地域の支援活動に活用されます。支援を必要とする人は、事前に登録しておきましょう。